内臓脂肪の落とし方NAVI

めんどくさがりな人にオススメ!お役立ちドリンクランキング

メタボメ茶の特徴

  • ダイエット茶なのに黒豆の甘い風味で飲みやすい◎
  • 体内の脂肪を分解する作用があるプーアール茶を配合してるので、メタボ撃退に効く
  • メタボメ茶に含まれる重合型カテキンが食事の脂肪の吸収を抑える
  • 500mlあたり約50円で財布に優しい

価格 970円
評価 評価5
備考 一週間お試しセット
メタボメ茶の総評

「ダイエット茶なんてほんとに効果あるの?」と思って買うのをためらったり飲むのをやめたりしていませんか?
ダイエット茶はそれを飲むだけで痩せるということはありませんが、食事の脂の吸収を抑えたり脂肪を分解してくれる働きがあるので、太りにくい体へと導いてくれます。

メタボメ茶はダイエット効果のあるプーアール茶や杜仲茶、ウーロン茶などをふんだんに使用しているので、食事の脂をすっきり流して脂肪をつけることを防ぎたいという方におすすめのお茶です。

イマークSの特徴

  • 中性脂肪を下げる働きがあるEPA&DHAを配合したトクホ飲料
  • 水産食品会社のニッスイが開発した商品
  • 1日1本を4〜12週間飲み続けると中性脂肪値が約20%低下したという試験結果あり
  • 青魚の成分たっぷりなのに、飲みやすいまろやかなヨーグルト風味

価格 1000円
評価 評価5
備考 お試し10本セット
イマークSの総評

青魚に含まれるDHAやEPAは、摂取すると「頭が良くなる」というイメージをお持ちの方が多いかもしれませんが、実はそれだけではありません。
内臓脂肪の原因となる中性脂肪を下げる働きがあるのです。

この「イマークS」は1日1本を4〜12週間飲み続けた場合に中性脂肪値が約20%低下したという試験結果も出ています。
運動や食事制限をきっちりやるのが難しいという方のメタボ対策サポートとしてオススメのトクホ飲料です。

トラストウォーターの特徴

  • 今注目を集めているデトックス効果の期待できる「水素水」
  • 水素が体内の血液をサラサラにして代謝を活性化させる
  • 代謝が活性化して脂肪燃焼が促進される!
  • トラストウォーターは業界トップクラスの水素含有量 3.0ppm

価格 初回半額 1800円
評価 評価4
備考 通常価格 3600円
トラストウォーターの総評

今美容業界や医療分野で話題になっている「水素水」。
水素水とは水素分子を水に溶かしたもので、活性酸素除去に効果があると言われています。
活性酸素が除去されると体の中がキレイになり、脂肪が燃えやすい体になるのです。

その水素水の中でもトラストウォーターは水素の含有量が多いことで人気を集めています。
アンチエイジングや美容を気にしながらダイエットしたい方におすすめです。

 

内臓脂肪を落とすこれらのコツを実践したり
アイテムを活用していけば、少しずつではありますが
確実に内臓脂肪を減らすことが可能です。

 

食事を意識して変えていき、運動を生活に取り入れて
内臓脂肪を落としていきましょう!


 

内臓脂肪を落とす方法記事一覧

一度付いてしまった内臓脂肪は燃焼してあげないと、減らすことができません。燃焼させるには、主に、2つの方法があります。それは、「運動をする」か「食生活を変える」かのどちらかです。運動をするというのは、摂取したカロリー以上の運動をすることで、食生活を変えるというのは、摂取するカロリーを減らすことです。2つともできれば理想ですが、最初から2つともやってしまうと、長続きしませんので、最初はどちらかだけで問...

内臓脂肪は皮下脂肪よりも落としやすい脂肪なので、簡単な食事制限や運動ですぐに落とすことができます。ここでは、内臓脂肪の減少に効果的な食事のコツを紹介します。簡単ですので今日からでも実践しましょう!オメガ3系の油を摂る!油を摂ると余計に脂肪が溜まるんじゃ・・・?そう思われるかもしれませんが、実はそんなことないんです。良質な油を摂れば、脂肪燃焼に効果的であることが研究で分かっています。その油というのが...

内臓脂肪がついてしまうと、運動をしたり、食生活を変えたりしないと、燃焼することができません。そこで、効果的なダイエットとして、「生活習慣の改善」というものがあります。これは、無理な運動や食事制限をするものではないので、比較的誰にでもできて、また続けられるようになっています。それは、「よく噛んで食べる」のと、「間食はしない」、「寝る3時間前から食事はしない」というこの3つだけです。この3つを守るだけ...

ストレスによる内臓脂肪増加を防ぐためには、できれば「なるべくストレスを受けない」というのが理想ですが、社会の中で生きていく上で「ストレスと無縁な状態にする」というのは現実問題として不可能。だからこそ、ストレスに対しては「受けない」という事にこだわるよりも「受け流す・解消する」という考え方での対策を取る方が有効です。気分転換の際には、少しでも体を動かそう!仕事の合間のちょっとした気分転換の手段として...

睡眠不足は内臓脂肪を増加させる大きな要因のひとつですが、その問題を解決するためには、単に「寝床にいる時間を長くする」というだけではダメ。寝つきを良くして睡眠の質をアップさせ、ぐっすり深く眠れる状態にしてこそ、本当の睡眠不足解消につながるのです。心身をほぐす事が大切寝つきと睡眠の質を改善するためには、日中にストレスや疲労でガチガチになった心身をほぐすことが必要になります。そのためにおすすめの手段とし...

「痩せやすい身体」、「太りやすい身体」があることは知っていますか?痩せやすい身体というのは、代謝機能がよく働いていて、脂肪の燃焼がスムーズに行われる身体のことです。ではどうすれば代謝機能がよく働く身体になるのでしょう?答えは簡単。「筋肉をつける」というのが正解です。筋肉というのは熱を発しやすい細胞となっています。熱を発すれば脂肪が燃焼されます。なので、痩せやすい身体を作るために、まずは筋肉をつける...

日本人の常識として「一日三食」という決まりごとがあります。誰がそう決めたのかは分かりませんが、生まれた時から朝・昼・晩の三食しっかりと食事を摂るように教育されてきました。だから、一日三食と言うリズムが当たり前になっているのが日本人の特徴です。前日に食べ過ぎたり飲みすぎたりした翌朝、重たい体と重たい胃袋を抱えて無理して朝食をとった経験がありませんか?朝食を食べると元気が出るし、仕事へ出かける上でエネ...

「内臓脂肪が溜まる原因 食生活編」のページでも触れている通り、現代人の食生活は、摂取エネルギーが過剰になりやすい傾向があります。内臓脂肪を溜めないためには、お腹いっぱい食べるのではなく腹八分目で済ませる―ということが重要ですが、分かっていてもなかなかできないというのが実情かもしれません。なので、腹八分目を守るためのコツを、ここでお教えしますね。「1口最低10回噛み」を徹底しよう!腹八分目で満足でき...

「健康のために野菜をたくさん食べましょう」という趣旨の言葉は、よく見聞きしますよね。厚生労働省も「1日350g以上の野菜摂取」を目標に掲げていることからも分かるように、野菜摂取は食生活においてかなりの重要性を持っています。また「野菜350g以上」ほどメジャーではありませんが、実は果物に関しても、農林水産省は「毎日くだもの200グラム運動」を推奨しています。なぜ、これほどに野菜・果物が重要視されるの...

血糖値の急上昇は「大量分泌されたインスリンによる、糖分から脂肪への変換作業の促進」を招くため、内臓脂肪リスクを高める大きな要因ともなってしまいます。食事による血糖値の急上昇を防ぐには、低GI食品を活用するのがおすすめです。低GIの食品と言えば、野菜類・きのこ類・海藻類などがまず挙げられますが、それ以外の食品でも、GI値を抑えていきましょう!主食を低GIにすればかなりの差が!一般的には「ご飯やパンな...

「和食中心の食生活」と聞くと、いかにも健康的な食生活だという印象を受けますよね。和食は、確かに「洋食や中華料理に比べて低脂肪」「大豆や魚などを食べる機会も多くなる」「漬物・味噌・醤油・納豆など、他の料理ではあまり摂れない植物性の発酵食品を摂れる機会が多い」などといった数々のメリットがありますが、「和食中心の生活なら完璧!」というわけではありません。なぜなら、和食ばかりに頼った食生活には、いくつかの...

肉と魚ーどっちが健康にいいか?と聞かれたら、ほとんどの人は「魚」と答えるでしょう。もちろん、それは正解です。魚の油には貴重なDHAやEPAが含まれていますし、脂質そのものの量も、肉に比べると少なめ。魚の中でも、ブリやマグロのトロ部分などは非常に油が多いように思えますが、それでも牛のサーロイン以下です。こうしてみると魚は非常にいい食材に思えますが、実はそんな魚にも「要注意な点」があるのです。魚の油は...

動物油と植物油を比べると、植物油のほうがヘルシーで体にいいというイメージがありますよね。確かに動物油は、中性脂肪を増やしたり、血液をドロドロにするリスクが高い飽和脂肪酸の割合が多いのは事実です。しかし…植物油の中には、そんな動物油よりはるかに体に悪いものもあるということをご存知ですか?トランス脂肪酸は動物油よりも有害!植物油の中でも、動物油よりはるかに危険な油として挙げられるのが、マーガリンやショ...

内臓脂肪を減らすためには、スパイス・調味料の工夫をするのもおすすめです。なぜなら、スパイスや調味料の工夫で「交感神経を刺激し、代謝を活発にさせて燃焼効率のいい体にする」ことも可能だからです。塩の代わりに、トウガラシ・コショウを活用!まずおすすめしたいのが、味付けのアクセントとして、塩の代わりにトウガラシやコショウを使うことです。トウガラシに含まれるカプサイシンは、交感神経刺激による代謝活性化に特に...

近年、「スーパーフード」と呼ばれる食品が世間での注目を高めていますが、そんなスーパーフードの中には、内臓脂肪対策に活用できるものもありますので、それをいくつかご紹介しましょう。スーパーフードの王者・チアシード数あるスーパーフードの中でも、内臓脂肪対策のためにまずおすすめしたいのが、チアシードです。チアシードは、ミントの一種である「チア」の種の事。その種の中には、ギッシリと食物繊維とα-リノレン酸が...

内臓脂肪が溜まる原因としてあげられるのが運動量の低下です。年齢と共に体を動かす機会が少なくなっていませんか?若い頃はスポーツ万能でスリムだった体型も、歳をとるにつれて歩くことさえ辛い状態に陥っていませんか?脂肪はエネルギーに変換する事で燃やされ、体内から放出される仕組みになっています。よって、運動量があがると脂肪は燃焼されて減っていくのです。また、内臓脂肪は代謝が活発な脂肪なので、おとしやすいと言...

内臓脂肪を減らすために、まず体の代謝の仕組みを知る事から始めましょう。人間の体は一日を通して代謝率が劇的に変化し続けています。深夜に食べると太ると言うのは深夜と言う時間帯が人間の体の代謝率が最も下がる時間帯だからなのです。代謝がいい時間帯は食べ物がエネルギーに変換されやすく、代謝が悪い時間帯は脂肪を溜め込む時間になっていて、分かりやすく言うと、何を食べても太る時間帯と、何を食べても太らない時間帯が...

CMでもおなじみの「ヘルシア緑茶」や「黒ウーロン茶」など、内臓脂肪に効くと言われるお茶が今大ブームになっています。そうなんです。中高年の内臓脂肪やメタボリックシンドロームにとって、お茶は最大の味方なのです。脂肪を燃焼させたり、デトックス効果のあるお茶は様々な種類があります。色々なお茶の効能を知り、食事に合わせて、好みに合わせて、毎日の生活の中にお茶を取り入れてみてはいかがでしょうか。ダイエットサポ...

日本人にとって炭酸水と言えば三ツ矢サイダーやコーラなど、糖分が沢山入った炭酸水を想像されると思いますが、ここで取り上げる炭酸水はジュースとは別物です。無糖の炭酸入りミネラルウォーターと言う感覚で捉えてください。日本では炭酸水を飲む習慣はあまりありませんが、ヨーロッパではごく普通に水として炭酸水が飲まれています。これは天然の炭酸水(湧き水)をはじめ、水に炭酸ガスを入れたシンプルな炭酸水など様々なもの...

脂肪燃焼と言えば有酸素運動で軽い運動に時間をかけるというイメージですが、筋トレと組み合わせることで、より効率的に脂肪燃焼効果が得られます。おすすめなのはスロートレーニング!ダンベルやジムに通うのも一つの手段ですが、費用や時間がかかります。負荷の少ないスロートレーニングは自分の体重を使用するので、特別な道具はなくてもできること、腱や関節への負担が少なく怪我のリスクが低いというメリットがあります。自宅...

内臓脂肪は年齢と関わりが少ないため、加齢に伴う代謝は下がりにくく、運動することで落としやすい脂肪です。特に有酸素運動が適しているといわれています。毎日、とはできなくても運動を続けることが大切です。有酸素運動の種類脂肪を多く消費するのは有酸素運動です。ダンベルなどを使って一気に力を入れる運動は無酸素運動といい、脂肪はあまり消費されません。筋トレをすると筋肉量が増え、それに加えて有酸素運動をすると、よ...

酵素とは体内で作られる物質で、主にたんぱく質、ビタミン、ミネラルから作られます。酵素は消化に関わる消化酵素と糖分や脂質をエネルギーとして消費するための代謝酵素があります。酵素は役割によって多くの種類があり、酵素が出てくる部分も様々です。食べ物が入ってくると、胃や腸などの消化器官から消化酵素から出されて、分解して吸収しやすいかたちに変えていきます。吸収した栄養分は代謝酵素を利用して、体内でエネルギー...

内臓脂肪を落とすためには、意外にもある「呼吸法」が有効だということをご存知ですか?内臓脂肪を落とすのに効果的な呼吸法を、ここでマスターしましょう!深い呼吸をすることが大切!内臓脂肪を落とすために大切なのは、「深く呼吸をする」ということです。深い呼吸ができれば、血液によって全身の細胞に十分な酸素が行き渡り、自律神経のバランス維持や細胞の新陳代謝もスムーズにいきやすくなるため、これが内臓脂肪の増加抑制...

人間の体には、数多くのツボがあり、その中には内臓脂肪対策に役立つツボも存在します。素人でも分かりやすく、刺激しやすい内臓脂肪対策ツボをいくつかご紹介しましょう。耳にあるおすすめツボ「耳つぼダイエット」という言葉があるように、耳には脂肪燃焼に役立つツボが存在します。そのツボとは、耳の上部・軟骨のくぼみの中央付近にある「神門」と「便秘点」です。「神門」はくぼみ中央からほんの少し外側に、「便秘点」はくぼ...

内臓脂肪対策のひとつとして「漢方の生薬パワーを生かす」という手もあります。おすすめの漢方を、いくつかご紹介しましょう。内臓脂肪対策に特によく使われる漢方数ある漢方の中でも、内臓脂肪対策に特によく使われる漢方として挙げられるのが「防風通聖散」です。「余分なものを排出する」という作用にすぐれた漢方で、老廃物や余分な水分だけでなく、血中の脂質を排出する作用にもすぐれています。つまり、内臓脂肪の大きな原因...