内臓脂肪の落とし方NAVI

内臓脂肪を落とす方法記事一覧

一度付いてしまった内臓脂肪は燃焼してあげないと、減らすことができません。燃焼させるには、主に、2つの方法があります。それは、「運動をする」か「食生活を変える」かのどちらかです。運動をするというのは、摂取したカロリー以上の運動をすることで、食生活を変えるというのは、摂取するカロリーを減らすことです。2つともできれば理想ですが、最初から2つともやってしまうと、長続きしませんので、最初はどちらかだけで問...

内臓脂肪がついてしまうと、運動をしたり、食生活を変えたりしないと、燃焼することができません。そこで、効果的なダイエットとして、「生活習慣の改善」というものがあります。これは、無理な運動や食事制限をするものではないので、比較的誰にでもできて、また続けられるようになっています。それは、「よく噛んで食べる」のと、「間食はしない」、「寝る3時間前から食事はしない」というこの3つだけです。この3つを守るだけ...

ストレスによる内臓脂肪増加を防ぐためには、できれば「なるべくストレスを受けない」というのが理想ですが、社会の中で生きていく上で「ストレスと無縁な状態にする」というのは現実問題として不可能。だからこそ、ストレスに対しては「受けない」という事にこだわるよりも「受け流す・解消する」という考え方での対策を取る方が有効です。気分転換の際には、少しでも体を動かそう!仕事の合間のちょっとした気分転換の手段として...

睡眠不足は内臓脂肪を増加させる大きな要因のひとつですが、その問題を解決するためには、単に「寝床にいる時間を長くする」というだけではダメ。寝つきを良くして睡眠の質をアップさせ、ぐっすり深く眠れる状態にしてこそ、本当の睡眠不足解消につながるのです。心身をほぐす事が大切寝つきと睡眠の質を改善するためには、日中にストレスや疲労でガチガチになった心身をほぐすことが必要になります。そのためにおすすめの手段とし...

「痩せやすい身体」、「太りやすい身体」があることは知っていますか?痩せやすい身体というのは、代謝機能がよく働いていて、脂肪の燃焼がスムーズに行われる身体のことです。ではどうすれば代謝機能がよく働く身体になるのでしょう?答えは簡単。「筋肉をつける」というのが正解です。筋肉というのは熱を発しやすい細胞となっています。熱を発すれば脂肪が燃焼されます。なので、痩せやすい身体を作るために、まずは筋肉をつける...

内臓脂肪が溜まる原因としてあげられるのが運動量の低下です。年齢と共に体を動かす機会が少なくなっていませんか?若い頃はスポーツ万能でスリムだった体型も、歳をとるにつれて歩くことさえ辛い状態に陥っていませんか?脂肪はエネルギーに変換する事で燃やされ、体内から放出される仕組みになっています。よって、運動量があがると脂肪は燃焼されて減っていくのです。また、内臓脂肪は代謝が活発な脂肪なので、おとしやすいと言...

内臓脂肪を減らすために、まず体の代謝の仕組みを知る事から始めましょう。人間の体は一日を通して代謝率が劇的に変化し続けています。深夜に食べると太ると言うのは深夜と言う時間帯が人間の体の代謝率が最も下がる時間帯だからなのです。代謝がいい時間帯は食べ物がエネルギーに変換されやすく、代謝が悪い時間帯は脂肪を溜め込む時間になっていて、分かりやすく言うと、何を食べても太る時間帯と、何を食べても太らない時間帯が...

内臓脂肪は年齢と関わりが少ないため、加齢に伴う代謝は下がりにくく、運動することで落としやすい脂肪です。特に有酸素運動が適しているといわれています。毎日、とはできなくても運動を続けることが大切です。有酸素運動の種類脂肪を多く消費するのは有酸素運動です。ダンベルなどを使って一気に力を入れる運動は無酸素運動といい、脂肪はあまり消費されません。筋トレをすると筋肉量が増え、それに加えて有酸素運動をすると、よ...

内臓脂肪を落とすためには、意外にもある「呼吸法」が有効だということをご存知ですか?内臓脂肪を落とすのに効果的な呼吸法を、ここでマスターしましょう!深い呼吸をすることが大切!内臓脂肪を落とすために大切なのは、「深く呼吸をする」ということです。深い呼吸ができれば、血液によって全身の細胞に十分な酸素が行き渡り、自律神経のバランス維持や細胞の新陳代謝もスムーズにいきやすくなるため、これが内臓脂肪の増加抑制...

人間の体には、数多くのツボがあり、その中には内臓脂肪対策に役立つツボも存在します。素人でも分かりやすく、刺激しやすい内臓脂肪対策ツボをいくつかご紹介しましょう。耳にあるおすすめツボ「耳つぼダイエット」という言葉があるように、耳には脂肪燃焼に役立つツボが存在します。そのツボとは、耳の上部・軟骨のくぼみの中央付近にある「神門」と「便秘点」です。「神門」はくぼみ中央からほんの少し外側に、「便秘点」はくぼ...

内臓脂肪対策のひとつとして「漢方の生薬パワーを生かす」という手もあります。おすすめの漢方を、いくつかご紹介しましょう。内臓脂肪対策に特によく使われる漢方数ある漢方の中でも、内臓脂肪対策に特によく使われる漢方として挙げられるのが「防風通聖散」です。「余分なものを排出する」という作用にすぐれた漢方で、老廃物や余分な水分だけでなく、血中の脂質を排出する作用にもすぐれています。つまり、内臓脂肪の大きな原因...

PAGETOP