内臓脂肪を減らす方法を伝授

内臓脂肪対策のための運動

内臓脂肪が溜まる原因としてあげられるのが運動量の低下です。

 

年齢と共に体を動かす機会が少なくなっていませんか?
若い頃はスポーツ万能でスリムだった体型も、
歳をとるにつれて歩くことさえ辛い状態に陥っていませんか?

 

脂肪はエネルギーに変換する事で燃やされ、体内から放出される仕組みになっています。
よって、運動量があがると脂肪は燃焼されて減っていくのです。

 

また、内臓脂肪は代謝が活発な脂肪なので、おとしやすいと言われています。

 

特に内臓脂肪を落としやすいのは有酸素運動で、
毎日の生活の中に有酸素運動を取り入れる事で驚くほどに内臓脂肪は少なくなるものなのです。

有酸素運動とは

では、有酸素運動とはどのような運動なのでしょうか?

 

年齢を重ねると極度の運動や急激な運動は体に負担をかけすぎてしまいます。
そうなると何の意味もありませんよね。

 

ハードな運動は無酸素運動と言われており、
短い時間で体に負荷をかけて強靭な体つくりを行います。

 

これはかなりストイックな世界で、アスリートの領域になります。

 

その逆に、有酸素運動はゆっくりとマイペースに規則的な運動を繰り返す、比較的軽い運動になります。

 

自分のペースで楽しみながら出来るので、長続きする運動法の一つでもあります。

 

有酸素運動は脂肪や糖質を、酸素の力によってエネルギーに変える運動です。

 

有酸素運動の場合は、30分以上運動を続けないと
効果がないと言う噂を聞くことがありますが、そんな事はありません。

 

一日5分でも10分でも、運動を始めた地点からエネルギーは使われ、脂肪も燃え始めます。

 

無理のない時間でいいので毎日続ける事が効果的なのです。

 

有酸素運動の種類

  • ウォーキング

  • ジョギング
  • サイクリング
  • 水泳
  • エアロビクス

など

 

自宅で出来る有酸素運動
  • ラジオ体操
  • ストレッチ
  • ルームランナー
  • エアロバイク
  • 踏み台昇降
  • スクワット
  • ヨガ
  • ピラティス
  • 太極拳

など

 

出勤時に少しだけ歩く距離を増やしたり、自転車通勤にしてみたり、
家に帰ってテレビを見ながら家で出来る有酸素運動に励んでみたり、
ご自分のライフスタイルに合わせて無理のない方法で
日常の生活に運動を取り入れる事ができればベストですね。

 

有酸素運動でのダイエット効率をあげる技
毎日忙しい中で有酸素運動をする時間を作るのは少し大変なこと。
どうせなら一度の運動で大きなダイエット効果を得たいものです。
 
アミノ酸は脂肪燃焼を促進するダイエットお助け成分。
そのアミノ酸を運動前に摂取しておくことで、脂肪燃焼までの時間を早める効果が期待できます。
 
有酸素運動のダイエット効果をあげたい人はアミノ酸の摂取をオススメします。

 

>>アミノ酸について詳しく見てみる

 

通勤手段を変えるのもおススメ

私の上司にあたる50代の男性は、内臓脂肪が気になると言う事で
数年前に電車通勤から自転車通勤に変えました。

 

朝のすがすがしい空気を吸いながら自転車で爽快に通勤するのは
気持ちがいいものだとそのままライフワークになり、雨の日以外は毎日自転車通勤が生活習慣になりました。

 

するとみるみるうちにお腹はへこみ、体は引き締まり若返っていきました。
体重にすれば15キロほど自然に落ちたそうです。

 

毎日それなりの運動量があるため、食べたい物を気にせずに食べれるようになったし、
体自体も軽くなり内臓脂肪も減り、代謝も上がって太らない体に変化していきました。

 

私もそんな上司の姿を見て、自転車通勤に切り替えた一人でもあります。

 

自分の体つくりのためにも効果的ですし、電車やバスを使って会社へ行くよりも早く着きますし、
交通費の節約にもなりますので、一石三鳥となっています。

 

時間のない中年男性にとっては、自分の生活習慣に合わせて、
効率よく運動を取り入れる事が出来れば最高だと思います。

PAGETOP