代謝のメカニズムに合わせたダイエットで内臓脂肪を減らそう!

内臓脂肪を減らすために、まず体の代謝の仕組みを知る事から始めましょう。
人間の体は一日を通して代謝率が劇的に変化し続けています。
深夜に食べると太ると言うのは深夜と言う時間帯が人間の体の代謝率が最も下がる時間帯だからなのです。

 

代謝がいい時間帯は食べ物がエネルギーに変換されやすく、代謝が悪い時間帯は脂肪を溜め込む時間になっていて、分かりやすく言うと、何を食べても太る時間帯と、何を食べても太らない時間帯が存在するのです。

 

これは地球のリズムと同じで、朝日が昇る時間から代謝は上がり続け、お昼の3時(15時)にピークを迎えます。
そこから代謝は下がり始め、夜10時〜深夜2時までの間は完全な停止状態になるのです。
これが人間の代謝リズムで、誰もが同じように持ち合わせています。

 

食べても太らない時間・太る時間を意識しよう

ここで肝心なのは、ピークの15時に合わせて消化活動が行われるように食べる事です。
通常食事をしてから消化活動が始まり4時間かけて食べ物は消化されます。
11時に食事をすれば、11時〜15時まで消化活動は行われ、12時〜13時の間に食事をすれば、代謝がピークの15時に最も消化活動が盛んに行われると言う事になります。

 

この時間帯の食事は何を食べても太らないと言われています。
このゴールデンタイムを上手く利用して、どうしても食べたいものや甘いものはお昼ご飯の食後に食べるように習慣付けると効果的ですね。

 

そして代謝が停止する夜10時〜深夜2時の間に体の中に脂肪分を溜めないようにしようと思ったら、夕食は早めに食べる事が何よりもベストです。

 

このゴールデンタイムを知っていたら、深夜のラーメンや深夜の暴飲暴食がどれだけ恐ろしい事かが分かりますね。
代謝がいい時間にカロリーの高いものや甘いもの好きなものを食べるようにして、代謝が下がる時間は出来るだけ油物を控えてみてはどうでしょうか。

時間を意識して痩せ体質を目指そう

人間ですから人それぞれ好みがあり、無理なダイエットで食事制限をして好きなものを食べずに我慢すると言ったストレスを抱えて痩せる事が出来たとしても、その反動で必ずリバウンドしてしまいます。
このリバウンドこそが最も恐ろしいもので、痩せたり太ったりを繰り返しているうちに痩せにくい体へと体質が変化してしまうのです。
だから、食べたいものは無理せず、食べる時間帯を考えると言うやり方は効果的です。

 

大好きな肉料理や油ものはお昼にしっかり食べる。
すると自然と夜はあっさりしたものでいいやと言う気分になれるものですよ。

 

また、中年男性は何かと付き合いが多い性分です。
どうしても深夜に飲みすぎたり食べ過ぎたり、たまにはハメを外してしまうこともあるでしょう。
そこはしょうがないとしても、普段の生活のリズムさえ人間の体の代謝のリズムに合わせてきちんとしていれば、基礎代謝もアップして内臓脂肪がつきにくい体に変化するはずです。
無理のない効率的なダイエットで脱!内臓脂肪を目指しましょう!