内臓脂肪増加による「脂質異常症」の危険性

血液中のコレステロールや中性脂肪の量が過剰になると、血管が詰まりやすくなります。

 

コレステロールの種類

コレステロールには「LDLコレステロール」と「HDLコレステロール」があり、それぞれ働きが異なります。
LDLコレステロールの多過ぎは動脈硬化を進行させる原因です。

 

HDLコレステロールはコレステロールを全身に届け、余分や不要になったコレステロールを回収していくため、「善玉コレステロール」という名称が分かりやすく説明されるときに使われます。

 

脂質異常症のタイプと診断基準

高LDLコレステロール血症

LDLコレステロール値が140mg/dl以上を高LDLコレステロール血症と診断されます。
悪玉コレステロールが多過ぎる状態で、余分なコレステロールが回収されにくくなっています。

 

コレステロールが血液中に溢れているため、粘度のあるお粥のようなドロドロした血液です。
高LDLコレステロール血症の人は、同時に低HDLコレステロールが少なくなっていることが多くいます。

 

LDLコレステロールの中でも「超悪玉」が増加すると、血管の壁に傷をつけて壁に入りこんでいきます。
また、無理な力が加わると、血管が破れやすくなります。

 

低HDLコレステロール血症

HDLコレステロール値が40mg/dl以下を低HDLコレステロール血症と診断されます。

 

善玉コレステロールが少なすぎて、余分なコレステロールを回収できない状態です。
回収できなかったコレステロールは、血管の内壁にくっついていきます。

 

中性脂肪値による脂質異常症

中性脂肪値が150mg/dl以上を高トリグリセライド血症と診断されます。

 

男性では30代から、女性は50代から急増します。
基準値は50〜149mg/dlですが、130mg/dlを超えたら要注意です。

 

善玉コレステロールは中性脂肪が130mg/dlになると、善玉コレステロールは減り始めます。

 

動脈硬化へ進行するのを防ぐため、このあたりから対策をしておく必要があります。
特に、高血圧や高血糖、肥満、運動不足など中性脂肪値を高めやすい傾向があります。

 

脂質異常症の症状

脂質異常症は自覚症状がほとんどありません。

 

治療を受けずに生活しているうちに動脈硬化へ進行します。
血管にコレステロールが溜まって通りにくくなり、血管は硬くてもろくなると血管が破れやすくなります。

 

動脈硬化は進行しても自覚できないため、脳梗塞や心筋梗塞が突然やってきて、ようやく発見されるケースが多くあります。定期的に血液検査を受けて、早期発見・早期治療に役立てます。

 

脂質異常症の予防と治療

予防と治療の基本は食事療法と運動習慣です。
魚を中心としたタンパク質、野菜、豆類、きのこなど栄養バランスがよく、
脂肪の多過ぎる食材を避ける必要があります。

 

これだけでは十分に数値が改善されない場合には内服薬を飲んでコントロールすることになります。

 

「高脂血症」から「脂質異常症」の名称変更

LDLコレステロールが高いことよりも、HDLコレステロールが低いほうがリスクになるとの考え方から、2007年に日本動脈硬化学会が、LDLコレステロール、HDLコレステロール、中性脂肪の異常値3タイプを統一して、「脂質異常症」と呼ぶことになりました。