なぜ酵素ダイエットがいいのか

酵素とは体内で作られる物質で、主にたんぱく質、ビタミン、ミネラルから作られます。
酵素は消化に関わる消化酵素と糖分や脂質をエネルギーとして消費するための代謝酵素があります。
酵素は役割によって多くの種類があり、酵素が出てくる部分も様々です。

 

食べ物が入ってくると、胃や腸などの消化器官から消化酵素から出されて、分解して吸収しやすいかたちに変えていきます。

 

吸収した栄養分は代謝酵素を利用して、体内でエネルギー源として消費する、新しい細胞に作り変える、酵素を作る、余りは脂肪にしてエネルギーを貯蔵する、などの働きがあります。

 

酵素は薬ではなく、体内で作られるので副作用のような悪い影響を与えることはありません。
本来の自然な身体の力を利用するので、必要な栄養はしっかり食べてあとは正常な働きによる酵素におまかせします。

 

「酵素におまかせ」とはいえ、酵素は食べ物が入ってこないと働きません。
酵素を飲んだだけでは何の役にはならないということです。
酵素は一緒に入ってきた食物と反応して、初めて効果を発揮します。

 

酵素自体が吸収されるのではなく、吸収したたんぱく質、ビタミン、ミネラルから体内で作られて、必要な部位へ届くので食事はしっかり食べる必要があります。

 

食欲を我慢してカロリーを制限するよりも、体内の酵素を働かせて栄養を取り入れる、
酵素でエネルギーを消費するほうが健康的です。

 

酵素ダイエットのやり方

栄養素は、炭水化物、たんぱく質、脂肪、ビタミン、ミネラルに分類されています。
炭水化物、タンパク質、脂肪は腸で吸収されるまでに消化酵素が働いて吸収されやすいかたちにまで分解します。

 

まずは、それぞれの消化酵素の働き方ついて説明します。

 

炭水化物は糖質と食物繊維があり、糖質は腸で吸収するまでにグルコースという吸収しやすい成分に分解されます。

 

糖類の分解には消化酵素の胃からアミラーゼ、腸からマルターゼなどが働いています。
吸収したグルコースのほとんどはエネルギー源として消費されます。

 

たんぱく質は胃からペプシン、腸からペプチターゼがアミノ酸まで分解します。
吸収したアミノ酸は筋肉や臓器の細胞だけではなく、再び酵素を作ること、
身体の機能を調節するホルモンも作られます。

 

脂肪は腸へ入ってから胆汁酸とペプシンという消化酵素によって脂肪酸とグリセリンに分解されます。

 

ペプシンだけでは消化力が弱く、胆汁酸によって活性化されます。
胆汁酸は消化酵素ではなく、腸で脂質と一緒に吸収されてまた胆汁酸として利用されます。

 

注意するポイントとして消化酵素の働きを効率よく活性化するには、よく噛むこと、活動に合わせた量を食べること、消化しやすい調理、食事から補給しなければならない食物繊維、必須アミノ酸、必須脂肪酸、ビタミンを含む食品を食べることなどです。

 

よく噛むことは咀嚼筋を使うことでエネルギー消費、噛み砕くことで消化酵素を含む唾液が多く分泌される、サイズを小さくしてから飲み込んで分解しやすくする、噛むことで食欲を抑えるペプシンというホルモンが出されて食べ過ぎを防ぐ、などの作用があります。

 

活動に合わせた量を食べることで、摂取カロリーと消費カロリーのバランスをとること、毎日毎食を管理するのは難しいので、たまにはデザートを食べて我慢しすぎずに前後の食事で調節すれば問題ありません。

 

消化しやすい調理とは、炭水化物のうち、米、小麦粉、さつまいも、じゃがいも、えんどう豆、とうもろこしなどはでんぷんからグルコースへ分解されます。

 

加熱しないままの生のでんぷんでは消化が悪く、下痢やガスが溜まります。
これは消化されなかったでんぷんは大腸で細菌によって発酵すると考えられています。

 

食物繊維は便通や血糖値、血中コレステロール値の改善、量によって食事のエネルギーを変えられます。
だだし、多過ぎは吸収に必要な時間より短くし、ビタミンやミネラルが食物繊維に吸着したまま排泄されてしまいます。
ビタミン、ミネラルは酵素を作るためや消化酵素の活性化に必要な栄養素なので、せっかく食べても流されるだけになります。

 

酵素を作る材料になるたんぱく質のうち、必須アミノ酸と呼ばれるものは食品から摂取しなければ足りなくなります。
不足しないように必須アミノ酸を十分に含まれたたんぱく質を摂る必要があります。必須アミノ酸は動物性たんぱく質に多く含まれていて、植物性たんぱく質では不足がちです。

 

必須脂肪酸にはリノール酸、α-リノレン酸、EPA、DHAがあり、リノール酸とα-リノレン酸は植物油、EPAとDHAは魚の油脂に多く含まれます。

 

必須脂肪酸は脂肪を消費しやすいという特徴がありますが、新鮮さを失う前に調理、摂取しないとかえって悪影響です。