内臓脂肪対策に使えるツボ

人間の体には、数多くのツボがあり、
その中には内臓脂肪対策に役立つツボも存在します。

 

素人でも分かりやすく、
刺激しやすい内臓脂肪対策ツボをいくつかご紹介しましょう。

 

 

耳にあるおすすめツボ

 

「耳つぼダイエット」という言葉があるように、
耳には脂肪燃焼に役立つツボが存在します。

 

そのツボとは、耳の上部・軟骨のくぼみの中央付近にある
「神門」と「便秘点」です。

 

「神門」はくぼみ中央からほんの少し外側に、
「便秘点」はくぼみ中央からほんの少し内側にありますので、

 

耳上部の軟骨のくぼみの中央付近をほぐせば、
一度にこの2つのツボが刺激できるのです。

 

「神門」はストレス軽減・食欲抑制の作用が期待できますし、
「便秘点」は、そのツボ名から便秘対策専門ツボのようなイメージがありますが、
実は新陳代謝活性効果にもすぐれており、これが脂肪燃焼に役立ちます。

 

 

どこでも手軽に刺激できる手のツボ

 

どこでも手軽に刺激できる内臓脂肪対策ツボとして挙げられるのが、
万能ツボの異名を持つ「合谷」です。

 

「合谷」は手の甲側、親指と人差し指の骨が合流する部分の、
やや人差し指寄り側にあります。

 

代謝アップ・血行促進・整腸・ストレス軽減などの作用が期待できますよ。

 

 

睡眠不足による内臓脂肪リスクにはこれ!

 

睡眠不足による内臓脂肪増加リスクが気になる人は、
かかとの中央にあるツボ「失眠」を刺激してみましょう。

 

このツボは鍼灸治療などでも、不眠対策として使われるケースが多い、
「プロお墨付きの不眠対策ツボ」と言えます。

 

さらに「失眠」には、代謝促進作用もありますので、
この点でも内臓脂肪対策向きと言えます。

 

「失眠」への刺激は、かかとを温めた状態でやる方が効果が高まりますので、
こたつやあんか、あるいはドライヤーなどでかかとを温めてから
グッと強く親指の腹で押しましょう。