サウナに行けば内臓脂肪を燃焼させられる?

「サウナは暑い空間で体を燃焼させるから、
内臓脂肪もきっと燃焼できるはず」と期待している人は多いでしょう。

 

本当に、サウナに行けば内臓脂肪の燃焼を促進できるのでしょうか?

 

サウナでの内臓脂肪燃焼効果はあまり期待できない!

 

さて、早々に希望を打ち砕いて申し訳ありませんが、
「サウナで内臓脂肪を燃焼させる」という効果は、実はあまり期待できません。

 

「でも、サウナに入った後に体重計に乗ったら、
実際に少しは体重が減っているじゃないか」と反論したくなるかもしれませんが、
その体重減は、大量の発汗によるもの、つまり「水分が抜けた分」だけのものです。

 

ですから、サウナは、「女性に多い、冷えによる水分むくみ」には効果的と言えますが、
水分むくみがない男性にとっては、単に体内が水分不足になる」だけで、
その後に必ず体は水分補給を求めますから、それを飲めばあっという間に
体重はほぼ元通りになってしまうのです。

 

「汗をかくこと自体がカロリー消費になる」という考え方をする人も居ますが、
運動で汗をかいたのならともかく、じっと座っているだけのサウナの発汗では、
それほどのカロリー消費は期待できません。

 

暑さの中での発汗と、脂肪燃焼とは別物だということを理解しておきましょう。

 

 

サウナでの大量発汗によるミネラル流出に注意!

 

というわけで、サウナで内臓脂肪燃焼をしようとしても、
その効果については期待薄、ということになります。

 

そしてもうひとつ、サウナには大きな注意点があります。

 

それは、「大量発汗によって、水分とともに、汗に混じったミネラル等も
流出してしまう」ということです。

 

サウナの利用が頻繁だと、ミネラル不足になってしまうリスクも出てしまうのです。

 

サウナは、汗とともに老廃物や疲労物質などをせっせと排出するデトックス作用や、
血行促進作用などといったメリットもありますが、ここに述べたようなデメリットもあります。
脂肪燃焼効果については過大な期待をせず、
ミネラル補給もしっかり心がけて適度に利用することが大切ですよ。