内臓脂肪対策のために、絶対に飲酒はNGなのか?

体内のアルコールが肝臓で分解される際、
内臓脂肪の元となる中性脂肪の合成が促進される、というメカニズムが働きます。

 

さらに、「内臓脂肪が溜まる原因 食生活編」にもあるように、
飲酒によって食欲が増し、食べ過ぎも招きやすくなります。

 

こうした理由から、
「内臓脂肪対策のためには、飲酒はNG」と言われることも多いですが、
本当に、絶対に飲酒はNGなのでしょうか?

 

多少の飲酒は許容範囲!

 

冒頭で述べた通り、
お酒のアルコールが内臓脂肪を増やす要因となるのは事実ですが、
だからと言って「飲酒は絶対にNG」というのは、現実問題としてあまりに極端。

 

無理やりで極端な禁酒は、禁酒そのものがストレスになってしまいますし、
「社会人なのにお酒のつきあいができない」という人間関係での点を
ストレスに感じてしまう人も居ます。

 

こうした「飲めない事によるストレス」は、
ストレスによる内臓脂肪増大のリスクを高めることにも繋がりかねません。

 

あまりに極端な飲酒制限は、アルコール以外の部分での
内臓脂肪増加リスクを招くことを考えると、
「飲む量や飲み方を工夫すれば、多少の飲酒は許容範囲」と言えるでしょう。

 

 

内臓脂肪を増やさないための酒量・飲み方

 

では、「どのくらいの量を、どのように飲むなら許容範囲なのか」をご説明します。

 

まず、アルコールの適量は、厚生労働省が推進している
国民健康づくり運動「健康日本21」によると、
1日あたりアルコール20g程度が適量とされています。

 

アルコール約20gに相当、またはそれ以内で収まるお酒の種類と量は、以下の通りです。

 

ビール:中ビン1本または中ジョッキ1杯
日本酒:1合
焼酎:0.6合
サワー・チューハイ・カクテル:1杯
ワイン:ワイングラス2杯
ウイスキー:ダブル1杯

 

上記の飲酒量をなるべく守り、なおかつ、休肝日を週に1〜2日入れましょう。

 

飲み会などでどうしても、上記の量より多めに飲まざるを得ない時は、
「すきっ腹にいきなりアルコールを入れないよう、
先にサラダなどの野菜おかずまたは大豆食品を食べる」
「それが難しい場合は、飲み会の前にコンビニで買ったチーズを食べておくという手を使う」
「塩分や油分の多いおつまみは控えめにし、
味のアクセントは『酢の物』の活用でカバーする」
などといった工夫をして、アルコールによる悪影響を少しでも軽減するようにしましょう。