内臓脂肪の燃焼に効果的なダイエット

内臓脂肪がついてしまうと、運動をしたり、食生活を変えたりしないと、
燃焼することができません。

 

そこで、効果的なダイエットとして、「生活習慣の改善」というものがあります。
これは、無理な運動や食事制限をするものではないので、
比較的誰にでもできて、また続けられるようになっています。

 

それは、「よく噛んで食べる」のと、「間食はしない」、「寝る3時間前から食事はしない」という
この3つだけです。この3つを守るだけで、ある程度の内臓脂肪は燃焼できるようになります。

 

この3つがどういう効果を生むのかというのを紹介していきます。

よく噛んで食べる効果

まず、「よく噛んで食べる」というのは、食事をしているときに「噛む」ことで、
脳に「食べている」ということを認識させ、満腹神経を刺激します。

 

そうすることで、少ない量であっても、満腹を感じることができて、
なおかつ、消化にもいいので脂肪が付きにくくなります。

 

間食しない効果

次に、「間食はしない」というものですが、間食をしてしまうと、常にエネルギーを摂取しているので、
身体は「エネルギーを貯蔵」しようとしてしまいます。
間食をしてしまうと、脂肪にまわすエネルギーが増えてしまうので、余計な脂肪を付ける原因となってしまいます。
なので、間食はしないようにしてください。

 

寝る前に食べない効果

最後に、「寝る3時間前から食事はしない」というものですが、これは、食べてからすぐに寝てしまうと、
食べたエネルギーが発散されないまま体内に残ってしまうので、寝ている間に、それが脂肪へと変わってしまいます。
なので、寝る3時間前からは食事をしないようにしてください。

 

ダイエットというのは、正しい知識を持って、規則正しい生活をしていれば、
ある程度の幅に収まるので、そこからダイエットを始めるだけでも十分な要素を持っています。

 

内臓脂肪を燃焼させるのに、効果的な運動

内臓脂肪を燃焼させるのに、必要なのは「有酸素運動」ですので、
短距離走や筋力トレーニングよりも、ウォーキングやスイミングなどの運動方法が最適です。
しかし、有酸素運動は時間を掛けなければ意味がありません。

 

たとえば、ウォーキングの場合は、脂肪が燃え始めるのは歩き始めてから15分後となっていて、
それまでにやめてしまうと、脂肪が燃焼されないまま「疲れた」というだけで終わってしまいます。

 

なので、ウォーキングをする際には、最低でも30分は歩くようにしてください。
全身の脂肪を落としたいのなら、ウォーキングよりも水泳をオススメします。
水泳は、水の中を歩くだけでもいいので、そうすると全身運動になるので効果的に脂肪を燃焼させることができます。