内臓脂肪増加による「血栓症」の危険性

血管にできた血の塊を血栓といい、血栓は動脈硬化によってできたプラーク(こぶの部分)が破れて出血するときにできます。

 

出血すると血を固めて止める作用が起こります。
プラークのできた場所がその場に留まって詰まる場合と、血栓が血流に流されて別の場所に詰まる場合があります。

 

動脈硬化によって血栓ができると、どこで詰まるかによって別々の病気を起こします。

 

血栓の詰まる場所と病気

血栓は詰まった場所によって、脳の血管に詰まると脳梗塞に、
心臓の周りにある血管に詰まると心筋梗塞に、
足の動脈に詰まると閉塞性動脈硬化症などがあります。

 

脳梗塞

小さな血栓で、血流にのって脳の毛細血管に流れていくと、途中で血管を通れなくなります。
その血栓の先には血液が途絶え、酸素が届かないので壊れてしまいます。

 

脳の血管の中でも、詰まった場所によって症状が異なります。
言葉に関わる部分に詰まれば言語障害に、運動に関わる部分に詰まれば半身まひになります。

 

急にろれつが回らない症状がでる人もいれば、急に体の一部が動かないという症状から始まる人もいます。
場所によっては突然意識を失い、自分で救急車を呼べずに亡くなってしまうこともあります。

 

狭心症・心筋梗塞

心臓は全身に血液を送り出す血管のほかに、心臓の細胞に栄養を届けるための血管(冠動脈)があります。

 

狭心症や心筋梗塞は冠動脈で血栓が詰まってしまうことが原因です。
突然の胸の痛み、意識を失って亡くなることもあります。

 

狭心症は一時的な詰まりで、再び血液が流れ始めるため意識を失うことはありませんが、
心筋梗塞の一歩手前になる危険度の高い状態です。

 

心筋梗塞は血管が完全に詰まってしまった時に起こります。
冠動脈に酸素や栄養が運ばれなくなると、その先が壊れるだけでなく、
全身に血液を送り出すポンプの役割も失われます。

 

閉塞性動脈硬化症

足へ流れる血管の途中で血栓が詰まると閉塞性動脈硬化症といいます。
足の痛みやしびれなどから症状が始まります。
「足だったら大丈夫でしょ」と思われるかもしれませんが、
全身はすでに動脈硬化の状態で、いつ心筋梗塞や脳梗塞を起こしてもおかしくありません。

 

治療について

すぐに血栓を溶かして血流を戻す処置が必要です。
救急車を呼ばなければ命の危険があるくらい緊急度が高く、一刻も早く病院で治療を受けなければなりません。

 

詰まった部分に再び血流が通れる処置によって、命はとりとめても、場所によって障害が残ります。
手足の運動機能は理学療法や作業療法、言葉の障害は言語療法などリハビリテーションと、再び血栓が詰まらないように薬での治療が行われます。

 

血栓が詰まってしまう前に検査によって血流の悪くなっているのを発見できれば、
その部分を広げるという予防策があるので、動脈硬化が進行してきたら検査を受けて、
どこに詰まる可能性があるか、今できることは何かを医師と相談して早めの対策を打っておくことが大切です。