そもそも内臓脂肪って何?

内臓脂肪とは、腹筋の内側の脂肪の事で、特に内臓周りについている脂肪の事を言います。
通常の内臓脂肪は内臓を守るためのクッションの役割を果たしていますが、
内臓脂肪がつきすぎると内臓を圧迫したり、内臓が正常な位置に留まれなくなったりと様々な体のトラブルを起こします。

 

体の脂肪には二種類ある

体の中の脂肪は大きく分けて2つあり、一つは皮下脂肪、そしてもう一つは内臓脂肪に分けられます。

 

皮下脂肪は皮膚の下につく脂肪の事を言い、表皮や真皮の下にある脂肪細胞の事を言います。
皮下脂肪は直接病気を引き起こす事はありませんが、見た目が太って見える原因ですので、
皆さん気になる所だと思います。

 

それに対して、内臓脂肪は体の内側に付く脂肪なので、見た目だけでは分からない場合もあります。
そしてこの内臓脂肪は体に悪影響を及ぼしかねない脂肪で、
様々な病気を引き起こす引きがねになっていると言われています。

 

だからこそ、皮下脂肪よりも内臓脂肪に気をつける事が必要なのです。

内臓脂肪が抱えるリスクとは

特に、内臓脂肪は中年男性の体につきやすく、
ホルモンと加齢のバランスで女性よりも男性の方がつきやすいとされています。

 

しかも、内臓脂肪は血液中に溶け出しやすく、余分な脂肪が血液中に流れ出すと高脂血症を引き起こしやすくなります。

 

内臓脂肪型の肥満に脂質や血圧、血糖値の異常が重なると、将来は心筋梗塞や脳卒中を起こすリスクが高まりますし、血がどろどろになって動脈硬化を引き起こし、血栓が作られやすくなった体は脳梗塞のリスクも抱えてしまいます。

 

また、内臓脂肪は体内のインスリンの作用を低下させる原因となり、糖尿病の原因にもなりますし、血圧も高くなると言う事で、不安要素が沢山含まれているこの脂肪こそが内臓脂肪なのです。

 

落としやすいのはどちらかというと・・・

とは言え、内臓脂肪は代謝が活発な脂肪なので、たまりやすいけれど落としやすい脂肪でもあります。

 

皮下脂肪のようにお腹をつまんでみてつまめるような脂肪ではありませんから、もしお腹の脂肪は沢山つまめないけどお腹が出ている方や、ウエストが男性で85センチ以上、女性で90センチ以上の方は気をつけてください。

 

若い頃は運動量も多く体を動かす機会も多かったけど、年齢を重ねるごとに運動量が減り、少し歩けばいい所を車やタクシーを使って楽をしたり、美味しいものだけは沢山食べるようになっていたり、仕事で不規則な生活を強いられていたり…
様々な理由で内臓脂肪はすぐに溜まっていきますから、生活習慣を見直したり運動を心がける事で早めに対処していきたいですね。

 

内臓脂肪は落としやすい脂肪ですが、内臓脂肪が原因で病気になってしまったら、その病気を治すのには時間もかかりますし、大きな労力とエネルギーが必要です。

 

また命すら落としかねない病気に繋がる事もありますので、充分気をつけたいものです。

内臓脂肪とは一体どんなものか?記事一覧

内臓脂肪の溜まる原因を分析近年では、内臓脂肪が溜まりやすいライフサイクルになっているかたが非常に多く見受けられます。内臓脂肪が溜まる原因を分析していきます。直接的に脂肪を摂取する「食事」人間は生きるために食事をします。その食事の中で「脂肪分」が使われている食事というものは非常に多くあります。例えば、牛肉や豚肉などの「肉類」。サラダのドレッシングに使われている「食用オイル」他にも、から揚げや串カツな...

内臓脂肪と皮下脂肪の違いとは内臓脂肪も皮下脂肪も「脂肪」であることには変わりありません。この2つの脂肪の違うのは「性質の違い」と「付着する場所の違い」です。内臓脂肪というものは、内臓の外側につき、皮下脂肪は文字通り「皮膚のすぐ内側」につきます。これが「付着する場所の違い」です。次に「性質の違い」ですが、これは、内臓脂肪の方は「付きやすく燃焼しやすい」という性質があり、皮下脂肪は「付きにくいが燃焼し...

見た目では分からない隠れ肥満隠れ肥満というのは、「脂肪の量は多いが見た目は痩せている」という状態のことを指します。男性と女性で隠れ肥満になるパターンが違うのですが、中年男性の場合は、事務系の仕事をしていて、運動量が少ないと隠れ肥満になりやすく、女性の場合はダイエットとリバウンドを繰り返していると、隠れ肥満になりやすいといわれています。隠れ肥満の性質隠れ肥満には、2つのパターンがあり、「皮下脂肪型の...

内臓脂肪を放っておくと罹ってしまう病気内臓脂肪を放っておくと、病気にかかりやすくなってしまいます。というのも、内臓脂肪が作られる過程で血液の中に脂肪が流れていきます。そうなると、血液がドロドロになってしまって、ちゃんと酸素や栄養分を運んでくれなくなります。その結果、内臓や心臓に負担が掛かってしまって病気を引き起こしてしまうのです。内臓脂肪から引き起こされる病気には、このような病気があります。「動脈...

内臓脂肪とメタボリックシンドロームの関係性内臓脂肪とメタボリックシンドロームは密接な関係で結ばれています。というのも、メタボリックシンドロームと診断されるのに必須条件なのが、「内臓脂肪型肥満であること」だからです。メタボリックシンドロームは内臓脂肪型肥満と「高血糖」「高血圧」「脂質異常」の中からどれか2つが当てはまった状態のことを指します。しかし、内臓脂肪型肥満になっていると、高血圧になったり、高...

「隠れ肥満にご用心」のページでも触れている通り、内臓脂肪リスクを簡単に見分けるコツとして「ウエストが85cm以上ある場合は要注意」というのが挙げられます。(ちなみに女性の場合は、ウエスト90cm以上が要注意ライン)しかし、「もう少ししっかりと見分けたい」という方のために、プラスアルファの内臓脂肪リスク簡単チェックをご紹介します。超簡単なチェック法はこれだ!メジャー不要の超簡単な内臓脂肪リスクチェッ...