内臓脂肪と皮下脂肪の違い

 

内臓脂肪と皮下脂肪の違いとは

内臓脂肪も皮下脂肪も「脂肪」であることには変わりありません。
この2つの脂肪の違うのは「性質の違い」と「付着する場所の違い」です。

 

内臓脂肪というものは、内臓の外側につき、皮下脂肪は文字通り「皮膚のすぐ内側」につきます。
これが「付着する場所の違い」です。

 

次に「性質の違い」ですが、これは、内臓脂肪の方は「付きやすく燃焼しやすい」という性質があり、
皮下脂肪は「付きにくいが燃焼しにくい」という性質があります。

 

皮下脂肪と内臓脂肪はどちらも、日常生活の食事内容や生活習慣、運動量の違いによって
付いてしまう脂肪となっていますが、比較的に生活習慣で付きやすいのは「内臓脂肪」となっています。

 

内臓脂肪と皮下脂肪。身体に悪影響を与えやすいのは?

内臓脂肪も皮下脂肪もどちらも脂肪なのですが、身体に悪影響を与えやすいのは「内臓脂肪」です。
皮下脂肪が増えてくると、「肥満体型」に見られますので、男性でも女性でも好ましくない状況になるとは思われます。

 

しかし、内臓脂肪が増えると、身体の生体機能にまで悪影響を及ぼしてくるので、
最悪の場合、命の危険も出てきます。

 

脂肪の役割と、内臓脂肪・皮下脂肪の関係

脂肪の役割というものは、「エネルギーを使用する」というときに発散されるものです。
内臓脂肪というのは、通常の脂肪が無くなってしまったときの緊急用の脂肪ということです。

 

では、皮下脂肪の役割は何でしょうか?

 

皮下脂肪の役割というのは、「非常食」です。
エネルギー用の脂肪もなくて、内臓脂肪も底を尽きたときに、使用されるのが皮下脂肪です。
なので、皮下脂肪が脂肪の中でも一番使用されにくいので、落ちにくい脂肪となっています。

 

皮下脂肪を燃焼させるには、まず体内の余分な脂肪を全て燃焼させてからということになります。

 

皮下脂肪と内臓脂肪の見分け方

一般的には、皮下脂肪は「外見で判断できる脂肪」とされていて、
内臓脂肪に関しては、「外から見てるだけじゃ分からない脂肪」とされていますが、
ある程度は簡単に見分ける方法があります。

 

それにはまず、真っ直ぐ立っている状態で、お腹に力を入れます。
そうして、力を入れたままの状態でお腹の肉を掴んでください。

 

その掴めた部分が皮下脂肪です。そして、掴んでいる肉の中にまだ何かあるようなら、
それは内臓脂肪ということになります。

 

人間の骨格にはある程度の差がありますが、内臓の大きさというのは、人それぞれそこまでの違いがある分けではありませんので、
掴めなかったのに、中年腹になっているという方は、内臓脂肪が多いということなので、
今すぐにでも運動を始めたほうがいいです。