体脂肪とは一体どんな脂肪なの?

皮膚の下にある脂肪を「皮下脂肪」、内臓の周りにある「内臓脂肪」、体内のすべての脂肪のことを体脂肪といいます。

 

体脂肪率の測定

身体に占める体脂肪の割合を体脂肪率といいます。
家庭向けの体重計についているもの、スポーツクラブに設置されている体組成計、
医療機関でのCT検査による測定法があります。

 

肥満には「皮下脂肪型肥満」と「内臓脂肪型肥満」があります。

 

皮下脂肪型の人は体形から「洋ナシ型」、内臓脂肪型を「リンゴ型」と呼ばれています。

 

あなたは「肥満」? 「皮下脂肪型」? 「内臓脂肪型」?

体重と身長で測定する方法

最も簡易的に測定する方法です。ほとんど外見で判断されることになりますが、ひとつの目安になります。
独自の計算法があり、「BMI(Body Mass INDEX)」と呼ばれています。

 

肥満の目安

身長に対する体重の比率は脂肪の蓄積量に関係するという考え方によるものです。
国際的にも広く使われている方法です。

 

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

 

BMIの数値による数値と肥満度の目安

 

18.5未満…痩せ
18.5〜25…普通
25〜30…肥満レベル1
30〜35…肥満レベル2
35〜40…肥満レベル3
40〜…肥満レベル4

 

おおまかな目安ですが、この数値が高いほど生活習慣病になりやすいことが分かっています。
日本肥満学会では男女共に「22」という数値が統計的に最も病気になりにくい数値といわれています。

 

標準体重

日本人の最も健康であるといえる標準体重を計算する方法です。身長から求めれる数値が標準体重です。

 

標準体重=身長(m)×身長(m)×22

 

B肥満度(%)

 

実測の体重と標準体重から計算する方法です。

 

肥満度(%)=(実際の体重―標準体重)÷標準体重×100

 

標準体重より少ない体重の人の肥満度はマイナスに、標準体重より多いとプラスという数値で表されることになります。

 

体脂肪率

測定機器によって誤差が生じますが、下記が肥満と判定される目安です。

 

男性(全年齢)…軽度肥満 20%以上
        中等度肥満 25%以上
        重度肥満 30%以上

 

女性(6〜14歳)…軽度肥満 25%以上
         中等度肥満30%以上
         重度肥満 35%以上

 

女性(15歳以上)…軽度肥満30%以上
          中等度肥満 35%以上
          重度肥満 35%以上

 

ウエストのサイズ

生活習慣病の予防を目的にメタボリックシンドロームを発見するために使われている方法です。
日本人では男性で85cm以上、女性で90cm以上を内蔵型肥満の判定の目安としています。

 

CT検査

CT検査では体脂肪の面積を測定することができます。
腹部の断層画像から、内臓脂肪の面積が100?以上をメタボリックシンドロームの危険因子と判定されます。

 

また、CT検査は体脂肪の分布を見ることができるので、
外見だけでは分かりにくい皮下脂肪型肥満か内臓脂肪型かを判別できます。

 

体形としては肥満のようには見えず、BMIの標準範囲内や標準体重に近くても、
内臓脂肪が多い「かくれ肥満」の場合があります。

 

体脂肪率が標準より高い人にもCT検査を行なうことがすすめられています。