中性脂肪とは

血液中にはコレステロール(LDL、HDL)、中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸の4つの脂質が含まれています。
食事から摂った脂肪は腸で吸収されてきます。

 

中性脂肪

腸から吸収された脂肪は血液中に存在し、中性脂肪は活動のエネルギー源として活動しています。
体内の脂肪のほとんどは中性脂肪です。
余分な脂肪は内臓や皮下に蓄積して、エネルギー不足に備えています。

 

中性脂肪の働き

脂肪は肝臓で中性脂肪とコレステロールとして変換され、皮下や内臓の脂肪組織に蓄えられます。

 

中性脂肪、コレステロールは働きが異なります。
中性脂肪は体を動かすエネルギー源となり、余った部分を蓄えていきます。
また、体温を一定に保ったり、体を衝撃から守ります。

 

コレステロールの役割

コレステロールは「悪玉」と「善玉」と呼ばれるタイプがあります。
善玉コレステロールと悪玉コレステロールは血液中に同時に存在しています。
また、細胞膜の成分、副腎皮質ホルモン、消化吸収を助ける胆汁酸などの材料になります。

 

中性脂肪とコレステロールの関係

善玉コレステロールの働きは余分なコレステロールを回収することです。
それに対して悪玉コレステロールは全身にコレステロールを運びます。

 

中性脂肪が多いと、善玉コレステロールが減少し、血液中に余分なコレステロールが多くなります。
余分なコレステロールが入った血液はどろどろした感じになります。

 

善玉コレステトロールと悪玉コレステロールのバランスが崩れると、血管に傷がつきやすくなります。
また、中性脂肪は血管に傷がつくと、炎症反応を強めます。
中性脂肪が多いと善玉が減少するため、余分なコレステロールが回収されず、
血液中に存在することにつながります。

 

コレステロールを全身に運ぶには悪玉コレステロールの存在はある程度必要です。

 

一般的に説明する時に、役割を理解してもらいやすくするために「善玉」「悪玉」と呼ばれています。
2つの役割をもつコレステロールのバランスをうまく保つことが重要なことです。
全体量としての中性脂肪の量と役割について注目します。
正式には、「悪玉」はHDLコレステロール、「善玉」はLDLコレステロールといいます。

 

中性脂肪が増加する原因

健診などで「中性脂肪が高い」と言われたときは、血液中の中性脂肪が高いことを指します。

 

中性脂肪は高カロリーな食事が主な原因ですが、特にアルコールが問題です。
アルコールは中性脂肪を分解するリポ蛋白リパーゼという酵素の働きを低下させます。

 

また、アルコールを飲むと同時に食べ過ぎが重なると、中性脂肪がいっそう増えていきます。
女性はエストロゲンの働きで、中性脂肪は男性と比べると増えにくいですが、閉経してエストロゲンが少なくなると、中性脂肪が増えやすくなります。

 

中性脂肪のコントロール

中性脂肪が高い人はほとんどが運動不足と高カロリーな食事です。
遺伝的に高い人の割合は少数です。運動と食生活で中性脂肪値はコントロールできます。

 

中性脂肪は高くなっても症状はなく、血液検査をしなければ分かりません。
中性脂肪が高い状態が続くと、その先に脳卒中や心筋梗塞があります。
症状はなくても定期的に健康診断を受けると、早めに対策することができます。